制作 寺田太郎

*全ての写真と文章にはコピーライトがあります。 転載は禁じ られています。


2012年夏

このページはしばらく更新せず、このままにしておきます。
新しくは、
鶴田のブログの「ソローヒルガーデン」のページをご覧ください。
これからは少しずつビデオで庭の様子をお知らせいたします。
今後ともどうぞよろしくご愛読をお願いいたします。


2012年6月
新しいソローヒルガーデンビデオできました!美しいタチアオイの群生をお楽しみ下さい。
こちらへどうぞ! 
New Solo Hill Garden video posted here

This website shows different parts of our Solo Hill Garden and life.
All the text is in Japanese, but everyone can enjoy the photos! Please see the
link page for related sites

2011年 盛夏
東日本大震災の被災地、被害の方々に心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。 

小さな丘の 上に建つ私たちの家は[ソローヒル]と名付けられています。
その丘に沿って庭があります。6段に分かれている段々(だんだん)の庭、 [ソローヒル・ガーデン]です。
家の工事が始まる前から庭作りに着手しました。原野を切り開き、土をダンプで
運び入れ、ドングリから育てた苗や、山野からあるいは大勢の人々からいただいた木を植え続けて8年が経ちました。今では100本以上の花樹に増え、四季折 々に花を咲かせています。
素っ気ない地面に人の手を入れ美しい庭に造り変えることには、果てしない時間と労力が必要です。ソローヒル・ガーデンはその点、まだ未完成です。が、花は その季(とき)が来れば、いつでもどこでも美しく開きます。庭の片隅や木陰で、誰にも見られることはなくても、静かに咲きほのかに薫ります。そこには平安 と美が満ちています。

© Edward Levinson


ソローヒルは、 写真家エドワード・レビンソンとエッセイスト・ 鶴田静の夫婦が住んでいる場所の屋号です。名の由来は、
1.
『森 の生活』の著者・ヘンリー・D・ソロー 2. 丘の上の一軒家からくる単独のという意味のソロからです。
私たちは、ソローの説 いたように、「シンプル」な生き方を目標としています。本質的に、素朴に、単 純に、素直に、そしてそこにいろいろな意味を込めて。
その一つが「庭」に造 り上げた大地で、動植物と共に自然の恩恵に感謝して 暮らすことです。のり面(斜面) を入れて約300坪の庭作りは試行錯誤ばかり続いていますが、何風とも言えない私たちのささやかなナチュラル・ガーデンにご案内しましょう。

今回からホームページのコンテンツを変更しました。より簡略になりました。
生活はもとより、精神的にも心理的にもシンプルにしていくことにしたのです。
皆様のご興味は半減するかもしれませんが、これからもよろしくおねがいいたします。

---------------------------------------------------------------------------------------

私たちの新刊です!
庭の恵みを楽しむ料理』
 文/鶴田静 写真/エドワード・レビンソン
朝日新聞出版

A5判 無線綴じ 並製
本体価格 1785円
全160ページ(4色48ページ/1色112ページ)
全国の書店で発売中です。


本書は、昨年30回にわたり連載していた朝日ビジュアルシリーズ「週刊 野菜づくり花づくり」(朝日新聞出版刊)の巻頭エッセイの文章を改稿し、歳時記の二十四節気に沿って庭の様子を記録したものです。それに添えていつもの定番料理を紹介しました。エッセイと料理の両方を楽しめます。1年間の庭仕事や花樹の様子と料理をざっと見渡せます。
料理はカラーで48ページ、エッセイと庭の写真100枚以上はモノクロです。
文章には俳句や詩歌の名作も添え、失いたくない日本語を使い、これまでの本とはかなり違った雰囲気を出しました。

エドワード・レビンソン著「ぼくの植え方」岩波書店
来日から30年過ぎて、エドのこれまでの半生記です。
どんなことをし、考えてきたのか、興味津々。
モノクロ写真約50枚も挿入します。
2400+税 
発売中です。



申し訳ありませんが、ソローヒル・ネットでは書籍販売出来ません。
本屋さん、ネット、図書館へお申し込みいただければ幸いです。
両書の売り上げの一部を、「東日本大震災」の義援金に寄付いたします。
読者の皆様とご一緒に志を分かち合いたいと思います。
どうぞ皆様にご購読をお勧めいただければ幸いです。
www.solohill.net
をご覧ください。

[ソローヒル・ガーデン]は非公開です。ご覧になれる特別な日がもうけられることもあります。
www.solohill.net
でご案内しています。

Also Please Visit 

www.solohill.net
鶴田とレビンソン合同のインフォメーションが出ています。
Shizuka Tsuruta's  Page  鶴田静ホームページ
一部のみ。

 
Edward Levinson's  Page エドワード・レビソンンのホームページ